2017年3月2日木曜日

RHEINBACH クラシックギター ネックリセット Part.1

 ドイツ製のクラシックギターをお預かりしました。(K様どうもありがとうございました!)
ヒールが浮いているということでしたので、最初はダブテイルジョイントのゆるみだと思いました・・・
 早速ギターを送って頂いて、ヒールが浮くようにして見てみるとこのようになっています・・・
 まずは、ボディ上にある指板を剥がしました。
 剥がして状態で、ネックを前に倒すとダボが見えてきました。接着剤が柔らかいゴムのようなものでしたし、この隙間の多さから簡単に抜けると思いましたが、実際には、何日もかけて抜いていきました。
 ネックが抜けました。ヒールの下と指板の下表面板、どちらも塗装がそのままでした。これでは剥がれます。
ダボジョイント・・・別にダボジョイントが悪いというわけではありません。
接着剤を綺麗にしてから、あらためて嵌めてみると・・・隙間だらけで全く合っていません・・
 仕込み角度の変更と、ヒールが密着するようにヒール下を削ることになります。
 まずはダボを抜いて、角度をあわせるように削ります。
 ボディ側は傷が付かないようにマスキングします。

Part2はこちらです!→ http://asakurakobo.blogspot.jp/2017/03/rheinbach-part2.html


☆現在修理の受付はお休みさせて頂いております。ギターの注文や修理の問い合わせは
右のプロフィール欄にあるメールアドレスからお名前を明記してお願いいたします!

朝倉宏泰



0 件のコメント: